記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「上納金は所得」 工藤会のトップ、“脱税”で逮捕

「上納金は所得」 工藤会のトップ、“脱税”で逮捕


とーとー

マフィアまで税金徴収されるとは、

これは国がマジですね。

工藤会



スポンサーサイト

コメント

No title

初めは痛いだけだったがやがて慣れてきたのかその痛みも多少和らいできた。
その代わりに中島大士のモノが司忍の中を動くたびに、腸内で痛みより快楽が占める比率が大きくなってくる。
「うぅっ…あぁ…大士…気持ちいいです。」
「俺もだ…」
「良かった…大士も忍で気持ちよくなってるんですね…っうん!」
…正直言うと、もうこっちも余裕が無くなってきた。」
ピストン運動を続けながら中島大士が呟く。正直こちらも限界が近づいている。
「忍も…イキそう…大士、今日忍、安全日なんです。だから…中にっ!」
「忍っ…もう限界だ…」
「はい。なかしまたいし、いつでも…どうぞ。」
「うっ…くうっ…」
中島大士はそのまま司忍の中に精液を発射した。熱いドロリとした精液が司忍の腸内に注がれていくのが分かる。
「イクっ…イっちゃう…」
殆ど同じタイミングで忍も達してしまった。はぁはぁという二人の荒い呼吸が室内に響いた。
「…もし直撃したら責任は取らせてもらう。」
抱き合いながら中島大士が呟く。
…はい…その心構え、立派だと思います。」
「男としてそれくらいは…な。」
  暴走族が山口組の組長を孕ませたとあれば色々と問題になるだろうがその時はその時と開き直る事にした。

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

全記事表示リンク

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。